人気ブログランキング |

シアワセニッキ

balitoneko.exblog.jp ブログトップ

読書の秋


3週間ごとに図書館に行って、いろいろなジャンルの本を借りてきます。


b0193060_171384.jpg

    「麻薬の運び屋にされて」

こちら今回借りてきた中の1冊。

男女7人で訪れたオーストラリアでヘロイン所持で捕まり、現地の刑務所に入れられた人について、長野智子さんが書いたノンフィクションの本です。

トランジットで1泊したクアラルンプールで7人のうち5人のスーツケースが何者かに壊され、現地の添乗員が用意したスーツケースでオーストラリアに入国。
そこでスーツケースにヘロインが隠されている事を知ったが、反論しても聞き入れてもらえず有罪確定。
無実の罪で刑務所に入れられた5人。
主に5人の中で唯一の女性、本多千香さん。
彼女の事を中心に、他の4人の男性についても書かれています。

この本多さんは、英語が話せなくてしかもこの時が初めての海外旅行。
そんな状況で訳も分からず逮捕され、約10年半というとてつもなく長い間現地の刑務所での生活。
あまりにも現実離れしていてまるでドラマや映画のストーリーのような話、でも、実際にあった事。
自分には絶対にありえないと思うけど、この本多さんたちもそう思ったに違いありません。
この事件は、「メルボルン事件」と呼ばれていて謎が多い。
クアラルンプールの現地添乗員や、逮捕された1人の男性が事件に関わっているようだし(この男性は否定してます)、オーストラリアの警察はもちろん、日本の警察も事前にこの7人が麻薬所持してオーストラリアに入国する事を知っていたようです。
しかし、未だにこの事件の真相は明らかになっていないようです。



この本を読んで、ネットでも調べてみましたがその後、えん罪を晴らす事ができたのかも分かりませんでした。
by balitoneko | 2010-10-18 17:46 | BOOK | Comments(0)
line

大好きなバリと可愛い愛猫    そしてインテリア    NAKO


by balitoneko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30